【7月豪雨球磨村支援】9月8~11日(火~金)

大型台風10号が過ぎていきました。幸い、球磨村においては被害もありませんでした。

前回孤立した神瀬地区では住民さんも全戸避難され、私たちも村内で避難誘導および待機する班、村外へ資機材避難をしつつ待機する班などそれぞれ安全な場所にとどまっていましたが、台風通過にともない神瀬へ戻り活動を再開しています。

家屋の再生を希望される住民さんのお宅での作業を中心に、床下の土砂だしや壁はがし、ブラッシング、清掃作業が佳境に入っています。

週末の二日間には熊本県内の消防の皆さんが連携団体、DRTが行う重機講習に参加され、配備されている重機を活用し災害対応への実地訓練にいそしんでおられました。いつもボランティアにも参加してくださるみなさんです。

週末型となった社協のボランティアさんの受け入れと並行して県内の企業ボランティアの受け入れサポートも開始しました。

またお隣の人吉市からお受けしたニーズの対応にも向かいました。県内各地、まだまだたくさんの力が必要な状況が続いています。

 

行政、社協、ボランティア団体間、そして地域の皆さんとの連携をより強くする仕組みづくりに取り組みながら力を合わせていきます。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。