【7月豪雨球磨村支援】8月12日(水)

お盆前の神瀬地区。今日も重機現場に大工現場と猛暑の中汗だくです。

活動中のお宅に行くと、はす向かいの住人さんが床下の泥をだしておられました。

「ここのご主人には車も出してもらったし、うちもみなさんに手伝ってもらって一段落ついたから今日はこっちです」とにこやかに出迎えてくださいました。

地区を歩いていると工事中の道を一台のカブが駆け抜けました。郵便配達が再開です。

 

ほんとにまだまだ大変な光景ですが、日常が少しづつ戻ってくるように。そのために重機やスコップ、かき氷とさまざまなツールを使って目的のために活動を続けます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。